よくあるお問い合わせ

BIS for Chintai とはなんですか?

「管理会社様にもデータディスカバリーを!」合言葉に、業界専用のBIサービスのご提供を開始いたしました。今までのデータ分析は、賃貸管理システムに機能追加やカスタマイズし、時に数百万円以上かけ、帳票(レポート)やExcelファイルへのデータ出力をすることが主流でした。そこで我々は、本サービスを「お客様ご自身で実際にデータ探索(セルフBI)をする!」ことと位置づけ、​誰にでも使え・誰にでもデータ探索することで今まで気づかなかったこと、見えなかったデータを見える化し、ビジネス上のリスクやヒント、また気づきをえられるサービスと考えております。

また直接的には、例えば、反響分析から投資対効果の見える化につながると考えております。

料金はいくらでしょうか?購入の必要があるのでしょうか?

まず、ASP型かオンプレミス型を選択いただきます。ASP型の場合、初期費用が198,000円、月額利用料はスモールプランの場合ですと29,800円(*1) からご利用いただくことができます。

オンプレミス型の場合はご購入いただく必要がございます。料金についてはご相談ください。 

(*1)標準プランの場合は、39,800円からになります。

開発費用はかかるのでしょうか?

基本的にこちらがご用意するシートをお使いいただく場合は利用料以外かかりません。

※ASP型でご利用いただく場合の導入時にかかる費用としまして、賃貸管理システムを扱うメーカー様とのデータ転送にかかわるデータ出力等がございます。こちらはメーカー様との調整が必要になる場合がございます。

サービスは申し込んでからどの程度で使えるようになるのでしょうか?

ASP型の場合、お客様が現在お使いの賃貸管理システムから本サービスへのデータ転送が必要になります。こちらからご提供させていただく所定の形式にてデータ転送(CSVファイル等)頂ければ、大凡1週間程度でご利用開始いただくことが可能です。

​※場合によっては、賃貸管理システムのメーカー様との調整が必要な場合もございます。

利用する環境はなにが必要でしょうか?

基本的にブラウザがあれば問題ありません。主なOSやブラウザを挙げておきます。

OSはWindows7、10、Mac OS X 10.10、10.11、iOS(iPad3以上、iPhone5以上)、Android 4.3以上。ブラウザはInternetExplorer 10、11、Google Chrome、Safari バージョン8以降となります。

​※2017年1月現在

ウチのデータで分析できるような情報が得られるのでしょうか?

あくまでもお客様がお持ちのデータが中心になりますが、契約情報・支払情報・顧客情報があれば、それだけでも十分分析可能なデータとなります。それらのデータがあれば経営ダッシュボード的な情報を出力し、契約と顧客をクロスして分析すれば新たな発見が得られるかも!?しれません。

”データディスカバリーサービス(データ探索)”って具体的に何ができるの?

本サービスは、お客様のビジネスにつながる”データ”を、お客様ご自身で見つけたり、リスクを回避したり、現状を分析したりする事にお役立て頂く事にあります。例えば、反響分析が上手くできていないお客様の場合、レポートがでるだけで分析することは大変面倒です。それが本サービスなら、前年同月の特定のインターネット広告のどの媒体に出稿したものが反響につながっているのか?その対象はどういった方々か?学生か?女性か?コストと成約率の関係は?これらが本サービスでは実際にデータを操作していただくだけで分析が可能です。他にも、全てのデータは”連想技術”という特殊な方法でつながっています。一見関連がなさそうなデータもクロス分析が可能です。

分析するようなデータがあるとも思えないけど…

まずはお気軽にご相談下さい!

「”反響分析”といっても、ウチではシステムに登録してないし、そもそも、反響分析のデータはExcelぐらいにしかないけど…」という場合でも、方法は幾つかございます。
定型的なフォーマットにて作成されているファイルがあれば、分析データとして活用可能です。システムはなくともマーケティングご担当者様が個別で管理しているAccessやExcelファイルなども十分利用可能なデータになるかもしれません。まずは弊社までお気軽にご相談下さい。

Please reload

株式会社 CBIT

東京都千代田区外神田2-9-8 ユニオンビル細野8F

Tel: 03-5298-2020 /​ Fax: 03-5298-2019

Copyright(c) 2018 CBIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.